公認心理師 資格制度が始まりました!

文部科学省と厚生労働省の二つの省が関わり、2018年度から新たな国家資格「公認心理師」制度での資格試験が始まります。札幌学院大学心理学部・臨床心理学科では、心理学部を卒業する学生が新たな国家資格を取得できるよう、カリキュラム等の体制を整えています。

公認心理師資格取得の基本

 公認心理師資格は、スクールカウンセラーをはじめ、病院や医療福祉施設などでの国家資格として位置づけられています。大学卒業後に、公認心理師資格取得のための実務経験を積める病院・施設などに就職して勤務し、2-3年の現場実践を経て公認心理師資格試験を受けることになります。このため、自分の進路をしっかり見定めたい学生にはお勧めの国家資格となります。
 また、公認心理師要件を満たす科目を整備している大学での履修を経て、公認心理師資格に関わる科目を整備している大学院修士課程(本学大学院 臨床心理学研究科など)での履修によっても、国家試験の受験資格が得られます。

◎札幌学院大学の心理学部は、公認心理師資格に必要な科目を履修できるカリキュラムを準備しています。

公認心理師資格に必要な条件など

  1. 大学で資格取得に必要な科目(実習科目を含む)を履修します。
  2. 大学卒業後、厚労省・文科省によって認められている病院・施設での現場経験を積むか、あるいは大学院において学び資格取得に必要な専門的な実習を積みます
  3. 公認心理師資格試験を受けて資格取得します。

 国の公認心理師法によって指定されている科目の履修には、いわゆる心理学5領域をカバーする幅広い学習が必要とされています。資格取得には、そうした科目を整備している大学を卒業するか、あるいはそうした大学を経て大学院での履修が基本となります。

札幌学院大学心理学部が資格取得に有利な点

札幌学院大学は、2000年に北海道で最初の臨床心理士養成指定大学院となりました。定員10名の臨床心理学研究科は毎年10名前後の修了生を輩出して、これまでに126名の臨床心理士が社会で活躍しています。特に道内の臨床心理士の中では大きな勢力(全体の約20%以上)になっていることから、心理学部の学生が公認心理士資格取得に向かう場合には、次のような支援が期待できる強みがあります。重要なことは、大学以外での実習が必要なため、そうした要請に大学としてどの程度対応できるかどうかとなります。

※ちなみに札幌学院大学では、最初に臨床心理士資格取得のため大学院ができて、その後に臨床心理学科がスタートしています。

※札幌学院大学大学院臨床心理学研究科を修了して臨床心理士資格を取得したのは126名。また、本学人間科学科を卒業して臨床心理士資格を取得したのは17名。合計で143名が本学出身の臨床心理士の人数です。
2017年度の北海道臨床心理士会会員数は706名。したがって、単純計算によれば 143人/706人は約20パーセントとなり、道内では最大勢力と言えます。そうした実績に基づいて、公認心理師資格を希望する学生には次のようなサポートが可能となります。

  • 札幌学院大学の心理学部・臨床心理学科では、実習先の病院などの施設が確保しやすいこと。
  • 現場での実習時に本学修了生である臨床心理士の支援が得られやすいこと。
  • 就活などにおいて、本学修了生である臨床心理士のネットワークが活用できること。

公認心理師資格に関わる大学としての意志

札幌学院大学は、公認心理師養成へと向かう道を選択しました。そのため、専門的なスタッフを鋭意、増強しています。2017年に4名の専任教員を採用し、2019年には履修科目・実習科目への対応のため、さらに3名の専任教員を増強予定です。

★心理学部・臨床心理学科の今後の展開にどうぞご期待ください。

SGU 心理学部公認心理師サイト