国内でダンスセラピー・リーダー資格が取得できる唯一の大学、札幌学院大学心理学部臨床心理学科の教員です。
日本ダンス・セラピー協会副会長を勤めており、ダンスセラピストの一人として活動しています。長年、精神科領域のディケアでのプログラムの担当をしています。
ダンスセラピー・リーダー資格は基礎的資格として取得できます。毎年、多いときで30名くらいから少ないときでも10数名が取得しています。

画像はダンスの練習ではなく、特に形や動き方を決めず「二人が交互に動く」という基礎レッスンです。
動きのレッスンというよりも「相手との掛け合い」「関わり方のレッスン」となる基礎的な実習です。

自分が少し動いたら止まる。次にパートナーが好きなように少し動いてから止まる。すると自分の番になるので自由に少し動いてから停止して、相手に番を渡す…。これで、相手との心理的な関係性や、動きやあり方の可能性を養っていきます。動きに基づいた「対人関係スキル」の基礎的なレッスンですが、いろいろな発見があって楽しいですよ!

※顔写真はサイトに掲載されているものですが、
学生が作ってくれた「顔すたんぷ」とはずいぶん違う感じですね。